恋愛速報|2chまとめサイト

2ちゃんねるの恋愛系/生活系ネタをまとめてみました。管理人のコメントと共にお楽しみ下さい。

★注目の記事★ -アンテナヘッドライン-

修羅場/スカッと

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
65: 名無しの心子知らず 2013/01/31(木) 07:29:33.48 ID:XIap0ODD
昨日中央線のトラブルで電車がいつも以上に混んでたんだけど 
ドアの前にデカいベビーカー置いてる夫婦には呆れたよ 
荷物ぶらさげてるから周りの客にぶつかるし 
ベビーカーのうしろに夫、横に嫁がいたから乗り降りする客が通れなくて困ってた 
位置関係を図で示すとこんな感じ、□はベビーカー 

―― ←ドア 
□嫁  
夫 


近くにいた別の子連れは赤ん坊抱いてベビーカー畳んで立ってるのに 
その夫婦は疲れるとその場に座り込んだりしてた 

なのに、ドアが開くたび夫婦で周りの客にガンとばしてるんだからおかしくて仕方なかった 

迷惑かけてる自覚はあるんだろうな

【親「あなたに私の子供がぶつかった!!ボケっと立ってるお前が悪い!!!謝れゴルァ!!!!!!」俺「」】の続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
21: 名無しの心子知らず 2013/01/28(月) 11:06:26.62 ID:IWnkUU86
昨日の夕方スーパーで、2歳いくかいかないかぐらいの子供と追いかけっこしているイクメンを見た。 
もう商品棚や、冷蔵庫をフルに利用して軽く走るどころか2人で猛ダッシュって感じ。 
子供はそれに加えて大絶叫してるしで煩い。 
それで、私が立ち止まって商品見てたら、横の通路からその子供が飛び出してきて、思いっきりぶつかり子供転倒。 

案の定号泣。いや、目立たないけど私は妊婦。 
お腹にブツかられたこっちが泣きたいよと、 
とりあえず子供を起こしてたら、イクメンが爆笑しながら子供引きずっていった。 

しかし驚いたのは、そのイクメン外国人なんだ。 

欧米の人は躾には厳しいイメージがあったし、 
この手のスレでも外国人はちゃんと躾てから外出するって話がしょっちゅう出てたから、 
ビックリしたよ。 
しかし、母親の影が全くなかったなー。

23: 名無しの心子知らず 2013/01/28(月) 15:13:17.82 ID:gGbIVg/s
>>21 
外国人だと目立つからかもしれないけど、フリーダムな人は多いなあとは思う。 
外国人が日本の幼稚園見たら規律・しつけが行き届き過ぎてると感じる、驚くというのも聞くし、 
実際外国人はちゃんと躾てから外出するっていうのも、日本とは少し違う感覚なのかもという気がしなくもない。 
公共の場所での迷惑行為とか衛生的な観念とか、欧米でもやっぱり日本とはちょっと違うと思うことあるし。

【イクメン外国人w その子供の飛び出しwwwwwwwww\(^o^)/】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2: 名無しの心子知らず 2013/01/27(日) 16:22:32.12 ID:hsmwKPNi
ららぽーとにて、 
管内でキックボード、自転車、ローラーシューズを利用しないでください! 
って放送しているのに、 

昨日、全部見たよー。 
こういうSCって、モンペを注意するような巳周りの人は居ても、若いお姉ちゃんなので、 
馬鹿親は、全然平気。 
お姉ちゃんの管内見周りじゃなくて、 
怖いおばちゃんか怖いおじさんにしてほしい。 
ペット禁止ゾーンのフロアや、食料品店でもペット連れがいるし、 
バイトのお姉ちゃんまるで役に立ってないよ。、

4: 名無しの心子知らず 2013/01/27(日) 21:26:30.06 ID:0bY0JDow
>>2 
食料品店に家族と一緒で問題があるの?

5: 名無しの心子知らず 2013/01/27(日) 21:39:26.41 ID:VF88eKFz
>>4 
ペットを家族と考えるかただの従属物として考えるかで多少変わるんだろうが 
基本食料品店って飲食店と一緒でペット類禁止だぞ 
ペット可の場合それをアピールするために書いてある 
書いていない場合は禁止と捉えて問題ない

【お子様とお犬様の方なら、どっちが賢いの??】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
559: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/28 23:07:33
別に特別結婚してよかったという話じゃないんだけど、 
結婚前、凄まじい大喧嘩して結局仲直りしたときに

「○ちゃんやさしいね、絶対叩いたりしないね」
って言われて 

「俺は女殴ったことないんだよ」
って自慢気に言った。

10発くらいビンタ食らった事への嫌味のつもりだったんだが。 
今の嫁と会うまで殴る殴らないのケンカするほど親しかった女もいなかったし…
(それは今でも言えない)。 
育った家庭も周囲の女共柔道有段者だったからなぁ。 

んでそれ以後、結婚してからも大なり小なり粗相があると
「叩いてもいいよ」的なニュアンスでいろいろしつこい。 

神妙そうなくせになんか嬉しそうでワケの分からん表情。 
まーわかるんだけど、叩けない。時々デコピンするけど。 

幸せなのかなぁ…でも将来子供ほったらかすような事があったら殴るかも。いや殴る。 
今の様子ではそんな心配もなさそうだけど

560: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/29 01:43:23
>>559 
殴らないですむんなら絶対殴るな。 
後味の悪い、嫌な思いをするのはお前の方だぞ。 

殴られた方は、良ければ“私が悪いんだから仕方ない!”と反省、 
悪ければ“このDV男、いつか訴えてやる!”で終りだが、 
殴った方はそうは行かない。 

殴り慣れてない場合は、他人、まして女を殴ったことで 
自己嫌悪に陥る可能性だってあるんだぞ。 

話して諭すか、せいぜいデコピン止まりにしとけW

【「叩いてもいいよ」的なニュアンスでいろいろしつこい妻】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
126: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/10/27 12:02:47
喧嘩ができること。 
1人じゃ喧嘩なんかできないし。 
確かに気分も悪いし、腹立つけど、本気で喧嘩するってことは、それだけ本気で自分のことを考えてくれてるってことやん? 

とかって思うポジティブ(バカなだけ)な俺は毎日言い聞かせてますよw

128: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/10/27 12:13:43
>>126 
毎日ケンカしてんのかよ? w

【だって、1人じゃ喧嘩なんかできないし・・・結婚してよかった。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
186: 名無し@話し合い中 2006/10/10 18:29:50
ライバルの独身社員を部長・課長が半人前扱いしてる時w 

俺に 
「お前じゃないとなんだか安心して任せられん」 
と激励の言葉を掛けているのを横で恨めしそうに見ているのを見ると、 
優越感に浸れる。

187: 名無し@話し合い中 2006/10/10 19:09:09
>>186 

それは藻前の実力なのでは?


【会社にいるとき「結婚しててよかったな」と思った事】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
966: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/09/27 21:25:54
上に子宝に恵まれない人の話があるが、ウチもそんな感じ。 
子供ができない事を告白された時に結婚の意志を固めたのも同じだ。 
もう10年も前になるのか。早いもんだよ。

967: 966 2010/09/27 21:27:32
職場にちょっと気になる女性がいたが、その女性は彼氏に二股かけられて振られて 
ある日オレの目の前で手首を切りそのまま入院→退職となる。 
オレ自身も過去に付き合ってた女性から二股かけられて振られた経験があったから 
どうして何の力にもなってやれなかったんだろうとしばらく自分を責めたりもした。 
嫁と出会ったのは、無力感に苛まれひたすら凹みまくる日々からようやく立ち直りかけた頃。 

事務所でパソコンを叩いているオレの所へ、上司に職場内を案内されて嫁がやって来る。 
黒髪ショートにメガネの彼女はモロに自分の好みのタイプだった。 
滑り込みでウチの職場へ就職を決めた彼女、その年の新入職員女性4人の中で一番可愛かった。 
連絡網を作るのに彼女らに電話番号を聞いて「私ケータイないんです~、天然記念物なんです~」と 
笑顔で言われた時は「マジでこの娘カワイイかも」と思い始めていた。

968: 966 2010/09/27 21:29:54
その後夜勤が一緒になったり飲み会で隣同士になったりして少しずつ打ち解けていき 
彼女も多少ヲタな気質があり、お互いの趣味の話題などで盛り上がるようになっていった。 
価値観も合い、見た目もタイプ。胸がないことさえ目をつぶればまさに理想の女性だった。 
彼女が携帯を買ったと聞いた時は最初に彼女のメアドをゲットして喜んだものだ。 
オレが飲み会で飲みすぎてブッ潰れて記憶をなくした時があったのだが、 
彼女がかいがいしくオレの介抱をしてくれていたと後で同僚に聞き嬉しかったのを覚えている。 

後で聞いた話だが、彼女はオレの事を以前から知っていたらしい。 
どういうことかと言うと、オレはとある雑誌の読者コーナーの常連投稿者だった。 
そして似た趣味を持つ彼女もその雑誌の読者であり、オレの投稿も楽しんで見ていたらしい。 
ウチの職場では広報紙を発行していて、オレもそれに携わっていたのだが、 
オレがその雑誌で使っていたペンネームをそのまま使用して記事を書いてるのを見て嫁は 
「ああ世間ってなんて狭いんだろう」と思ったという。

【『私は子供ができない』と告白された時に結婚の意志を固めた話】の続きを読む

★アンテナヘッドライン★
☆アクセスランキング☆