704: 癒されたい名無しさん 2008/08/07 23:22:36 ID:F4iRoZ6k
私には祖母がいた。 

やかましくて厳しい祖母が、我がままな小学生だった私は嫌いだった。 
祖母に叱られると大声を出し暴れる私に困って両親が 
「お母さん、○○がうるさいから放っておいてよ」と 
逆に叱られる祖母にいい気味だと思っていた。 


ある日、私は妹とお人形遊びをしていて、一つ足りないと 
二階の部屋に上がっていった。 
そこには、床にお人形を並べ、一人で遊ぶ祖母がいた。 
「貸して!」と探していたお人形を取り上げると一瞬祖母が 
手を伸ばした。 
私は(取り上げる罪悪感に)ドキッとしたが、かまわず 
階段を降りていってしまった。 

その後、祖母は身体が弱り長期入院するようになった。 
たまにお見舞いに行くと帽子を編んであげようねと作るのだが 
どれも幼児サイズ。 
祖母の眼に映っている私は、素直で可愛らしかった小学生前の私のようだった。 

やがて祖母は亡くなりお葬式の時、あの時のお人形を取り上げたことが 
思い出され私は始めて「後悔」ということを涙と共に知った。 
どうして一緒に遊んであげなかったのかと。 
その後悔は今でも続いている。 

お婆ちゃん、ごめんね・・・。

スポンサードリンク


705: 癒されたい名無しさん 2008/08/08 06:08:42 ID:/ocwy6t6
      ∩___∩ 
   (ヽ  | ノ      ヽ  /) 
  (((i ) / (゜)  (゜) | ( i)))   <悔しいの~  悔しいの~www 
 /∠彡    ( _●_)  |_ゝ \ 
( ___、    |∪|    ,__ ) 
    |     ヽノ   /´ 
    |        /

引用元: 
【泣ける話】