1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07 16:57:30 ID:LUU3y7QR0
2ちゃんが廃止になりそうだったのがたすかった話

スポンサードリンク
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07 16:57:55 ID:T1rLPpX+0
   ∧_∧ 
  ( ´∀`) 
  (    ) 
  | | | 
  (__)_) 
   ∧ 
/ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
2chは潰れるんじゃない。無に帰るんだ。 
今まで人と話すことが出来なかった人。自分に鍵をかけてしまった人。 
君らが手にしたインターネットという世界はいわば夢の世界だった。 
パソコンの電源を入れる、ただそれだけでもう一つの世界へと繋がる 
夢の世界へと繋がる扉だった。君らはこれを望んでいた。 
2chに来れば、年齢、性別、性格、そんな物関係無しに、皆同じく 
インターネットという扉から話すことが出来た。 
自分に鍵をかけてしまってからずっと人と話すことを忘れてしまった人 
そんなでも、誰だろうがかまわずにみんなで本音で話し合える場所。 
君らはここで人生を学んだんだ。もう鍵を外しても良いんじゃないかな? 
君らが学ぶには2chが必要、でもいつかは帰らなくてはいけない。 
元の世界へ。今君は元の世界へ戻るんだ。 
もう君は2chがなくてもやっていける。君はもう充分勉強したよ。 
最後に、2chへ・・みんなへ一言言おう。 
肝心なのは「さようなら」や「またね」じゃない。 
「ありがとう」ってね。

引用元: 2ちゃんで感動した話