192: 転載なごみ 2012/06/02(土) 09:58:47.38 ID:KsejVDYK0
全然怖くないオカルト注意 


914 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/05/31(木) 22:27:59.11 ID:PcYF6qjS0 
高校時代お昼も炊きたてご飯がいいのにと言ったら固形燃料で炊く釜飯セット用意してくれた。 
炊けるのに30分かかるから授業終わる前に点火。 
先生怒るかと思ったら職員室に釜飯ブームがきて近くのホムセンから釜飯セットが消えた。 
父もしばらく持たされていて独自に白飯の炊き方を極めた。 
弟が同じ高校に入学したら「釜飯の弟か!」と言われたそうだ。 

197: なごみ 2012/06/02(土) 12:31:30.79 ID:tjNqBzK5O
>>192 
リアルとらドラの竜児w 
というかなぜオカ板に書いたのか状況が知りたい

202: 名前欄にスレ名入力推奨@自治スレ 2012/06/02(土) 21:20:57.18 ID:SB2tSy7n0
>>192 
私の同期は朝起きてからご飯炊いてお弁当を作ってるんだが 
ある日寝坊して米と水の入った炊飯ジャー(一人暮らしだから小さい)を 
提げて歩いて3分の職場に出勤してたw 
空いてる会議室にジャー置いて時間合わせて炊飯。 
お昼に食べる炊き立てご飯に職場丸ごと病み付きになったらしい。 

やっぱ炊き立てはうまいもんね。出来るんなら私もやりたい、職場で炊き立てw

193: 名前欄にスレ名入力推奨@自治スレ 2012/06/02(土) 10:02:02.30 ID:jpVNqPvR0
オカルト要素がわからないw

194: なごみ 2012/06/02(土) 10:06:33.46 ID:xoah9l2f0
きっと最初に釜飯セットをくれたのが人間じゃないんだよwww

195: なご 2012/06/02(土) 12:23:49.53 ID:riHDMUeF0
点火ってどこでやったんだwロッカーの上とかか? 
昼前に炊き立てご飯の匂いが教室に充満したら集中できないじゃないか

196: なごみ 2012/06/02(土) 12:28:00.89 ID:hgdfo9eY0
授業が終わる前にっていつだろう 
授業中にこっそり足の下に置いてるのに火を付けたのかな

引用元: あなたの心がなごむとき~第67章
スポンサードリンク
192: 転載なごみ 2012/06/02(土) 09:58:47.38 ID:KsejVDYK0
全然怖くないオカルト注意 


914 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/05/31(木) 22:27:59.11 ID:PcYF6qjS0 
高校時代お昼も炊きたてご飯がいいのにと言ったら固形燃料で炊く釜飯セット用意してくれた。 
炊けるのに30分かかるから授業終わる前に点火。 
先生怒るかと思ったら職員室に釜飯ブームがきて近くのホムセンから釜飯セットが消えた。 
父もしばらく持たされていて独自に白飯の炊き方を極めた。 
弟が同じ高校に入学したら「釜飯の弟か!」と言われたそうだ。 

197: なごみ 2012/06/02(土) 12:31:30.79 ID:tjNqBzK5O
>>192 
リアルとらドラの竜児w 
というかなぜオカ板に書いたのか状況が知りたい

202: 名前欄にスレ名入力推奨@自治スレ 2012/06/02(土) 21:20:57.18 ID:SB2tSy7n0
>>192 
私の同期は朝起きてからご飯炊いてお弁当を作ってるんだが 
ある日寝坊して米と水の入った炊飯ジャー(一人暮らしだから小さい)を 
提げて歩いて3分の職場に出勤してたw 
空いてる会議室にジャー置いて時間合わせて炊飯。 
お昼に食べる炊き立てご飯に職場丸ごと病み付きになったらしい。 

やっぱ炊き立てはうまいもんね。出来るんなら私もやりたい、職場で炊き立てw

193: 名前欄にスレ名入力推奨@自治スレ 2012/06/02(土) 10:02:02.30 ID:jpVNqPvR0
オカルト要素がわからないw

194: なごみ 2012/06/02(土) 10:06:33.46 ID:xoah9l2f0
きっと最初に釜飯セットをくれたのが人間じゃないんだよwww

195: なご 2012/06/02(土) 12:23:49.53 ID:riHDMUeF0
点火ってどこでやったんだwロッカーの上とかか? 
昼前に炊き立てご飯の匂いが教室に充満したら集中できないじゃないか

196: なごみ 2012/06/02(土) 12:28:00.89 ID:hgdfo9eY0
授業が終わる前にっていつだろう 
授業中にこっそり足の下に置いてるのに火を付けたのかな

引用元: あなたの心がなごむとき~第67章