890: おさかなくわえた名無しさん 2007/01/03 14:00:04 ID:APU7ypZ8
正月、家族で温泉旅行へ行ってきた。 

そんな大きな旅館ではなく、温泉も小ぢんまりとした浴場と露天風呂。 

浴場へ入って洗面所で顔を洗っていると、横へ座っていた親子連れが 
私の横にあった石鹸を貸してくれ、と言ってきた。浴室は小さいので、石鹸は1つ 
あとはボディソープしかなかった。

別に顔を洗ってるしボディソープもあるからいいや、と思って渡した。 

しばらく経って、右隣に座ってた私の祖母が石鹸を使いたいと言いだした。 
横を見ると、貸した親子は2人とも頭を洗ってて石鹸はどう見ても使用されてなかったので 
「石鹸、よろしいですか?」と声をかけたら「いやあの、まだ使ってるんで」と即答。
 
…いやそれあなた達の石鹸じゃないよね?この浴場の石鹸だよね? 

使用中ならまだしも、明らかに今全く使ってないだろ…。

スポンサードリンク
Mamaikuko's Kawaii Bag

891: おさかなくわえた名無しさん 2007/01/03 14:01:10 ID:APU7ypZ8
しかしこの旅館、それだけじゃなかった。 

そこの露天風呂へ行ったときのこと。そこは上にも書いたとおり小規模。 
脱衣場もそれは小さなものだった。その脱衣場。 

既にいた先客は、小さな子供×2連れとその母、その母の母(つまり婆)。 
もう入浴は済ませたらしく、親達は子供を着替えさせていた。 
そこに置かれているカゴは6つしかなかったんだが 
4人(内子供2人)なのに彼女らは既に5つ、カゴを独占。 

私達(3人)が入ってきても荷物をどける様子は一切ない。 
その時点で既にウヘァだったが、顔を見合わせながらも、1つしか空いていないカゴを3人で使用していたのだが 

やはり2人での使用は限度がある。 
例の一家は、子供たちも1つずつカゴを使用、そのうちの1人のカゴには 
子供のパジャマズボン1つしか置かれていなかったため、それを使わせてもらえないか 
着替えさせていた婆に声をかけてみた。すると「えぇ、構いませんよ~。ま だ 使 っ て ま す け ど」 
いやだから、ここはあんたらだけの脱衣場かよ? 

子供達の母親も、怪訝な顔でこちらを見てくる。やはり血は争えないのかなと思ったんだけど 
しかし一体なんなんだこの旅館の客達は。

892: おさかなくわえた名無しさん 2007/01/03 14:06:56 ID:cSt6NDXQ
結論:ビンボ旅館に行くお前が阿保

893: おさかなくわえた名無しさん 2007/01/03 14:08:32 ID:4Sc93Ohv
小ぢんまりとした旅館はそういう客が居そうだから混雑する時期には行きたくない。

引用元: (-д-)本当にあったずうずうしい話 第59話