353: おさかなくわえた名無しさん 2004/12/07 20:46:36 ID:P6FVCdYZ
昨日昼頃の山手線にパパンとふたりで乗ったときのこと。 
程々に混んでいて「まあ座れないだろうな」と思いながらも 
足の悪いパパンが運良く座れますように、なんて思いながらふたりで乗車。 
すると優先席にひとつだけ空席が。 
空席の前には吊革に掴まる人がいたので、パパンはすんなりと座れなかったのだが 
座席に背を向け、後は腰を下ろすだけ、という姿勢になっているときに 
デヴのババア(推定年齢45歳)が大きな荷物をふたつ振り回しながら 
パパンを突き飛ばしイスにドカリと腰を下ろした。 
そして横を向いて知らん顔。 

スライディングで尻をねじ込んだのなら、まだ失笑ですんだのだが 
突き飛ばしたってところがずうずうしい。つか、むかつくわ。
 
引用元: (-д-)本当にあったずうずうしい話 第10話
スポンサードリンク
Mamaikuko's Kawaii Bag
353: おさかなくわえた名無しさん 2004/12/07 20:46:36 ID:P6FVCdYZ
昨日昼頃の山手線にパパンとふたりで乗ったときのこと。 
程々に混んでいて「まあ座れないだろうな」と思いながらも 
足の悪いパパンが運良く座れますように、なんて思いながらふたりで乗車。 
すると優先席にひとつだけ空席が。 
空席の前には吊革に掴まる人がいたので、パパンはすんなりと座れなかったのだが 
座席に背を向け、後は腰を下ろすだけ、という姿勢になっているときに 
デヴのババア(推定年齢45歳)が大きな荷物をふたつ振り回しながら 
パパンを突き飛ばしイスにドカリと腰を下ろした。 
そして横を向いて知らん顔。 

スライディングで尻をねじ込んだのなら、まだ失笑ですんだのだが 
突き飛ばしたってところがずうずうしい。つか、むかつくわ。
 
引用元: (-д-)本当にあったずうずうしい話 第10話