755: 名無しさんの初恋 2009/06/14(日) 00:48:02 ID:bygKRwR6
会社の年下の彼と付き合い始め、以下妄想 

彼「○○さん、お疲れさまです」 
私「あ、○○君、お疲れ!今日も忙しそうだったねー」 
彼「ホントですよ!あの先輩こき使いまくりで…」 
私「あはは、だよね。でも頑張ってる○○君ちょっと格好良い…よ///(赤面)」 

彼「え……、あ~///」 
私「…帰ろっ!」 

彼「はい!俺、送ります」 
私「え、○○君は今日は疲れてるんだから…」 
彼「何言ってんですか、自分だって今日は慣れない仕事だったでしょ?」 

彼「それに…」 
私「?」 

彼「俺、男ですから。頼って下さい」 

私「……………ありがとう」 
彼「いえ///」

スポンサードリンク

756: 名無しさんの初恋 2009/06/14(日) 00:50:09 ID:bygKRwR6
続き 

車内 

彼「えっと、家こっちでしたよね」 
私「○○君」 
彼「はい…?」 
私「敬語とか…えっと」 
彼「あ、えっ///でも……まだ慣れなくて」 

彼「…すいません。あ!痛…っ、あの運転中危ないんで…!頬っぺたつねんないで下さい…」 

私(ニヤニヤ) 

彼「あーもう、変なトコ子供なんだから…あ、ちょっと今度は何ですかっ」 
私「(クンクン)○○君、汗の匂いするね」 
彼「う……すいません、走り回ってたから」 
私「働く男の匂いか……♪」 

彼「……距離近いです」 

運転に集中できなくて焦る彼の首筋、軽く唇が触れて耳まで赤くなる 

私「シャワー、浴びて帰ろっか……///」

引用元: 好きな人で妄想してしまったことをカキコむスレ 2