442: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/25(水) 14:15:26 ID:+5lOhJ1j
ある日爺ちゃんとテレビを見ながら飯を食っていると
世界不思議発見だか何だかでラバウルが紹介されたんだ。 

でレポーターが現地の案内の人のおっさんに話しかけてると
突然爺ちゃんが 「あいつ!○○だ!○○だ!」と叫び出した。 

ついにボケたかと思ったがテロップに本当にその名前が出た。 

ビックリして爺ちゃんに詳しい話を聞くと、
戦時中はラバウルにいてそのテレビに出てた当時は
子供のおっさんに日本語を教えたり遊んだりしてたらしい。 

そしてテレビでおっさんが当時の事を話した。 

おっさん「私が病気にかかって高熱に苦しんでいると日本兵が当時貴重だった薬をくれた」 
爺ちゃん「俺だ!俺だ!それ俺だ!俺!俺の事だ!」 とてもうるさい。 

いい話でこれで爺ちゃんがテレビに出るんじゃないとか思ってたが 
爺ちゃん「あれ薬じゃなくて歯磨き粉だったんだわ、あいつ馬鹿で信じてやがるwwww」 

俺は誰にも言わないでおこうと決めた。

スポンサードリンク
Mamaikuko's Kawaii Bag

引用元: 
いい人・やさしい人のお話 17