902: 可愛い奥様 2011/04/01(金) 15:07:31.66 ID:Sx8Zlejx0
中学生のころテレクラに電話してガチャ切りが大流行。 
時には、待ち合わせの約束して、皆でこっそりとどんな変な男が来るか観察して笑ってた。 
かなりの酷さでドン引きしつつ受けてた。 

そんな中、ちょっと世間知らずな同級生が 
「それって面白いの?」 
と聞いてきたので「遠くから眺めて笑うのが面白い。」返した。 

その後、少ししてから彼女が地元から消えて 
彼女の両親が探していた。 
そんなに仲良くもなかったし 
まさかと思ったけど、そんな遊びのことは言えず黙っていた。 

半年位して戻ってきた頃には別人のような雰囲気になっていた。 
男と同棲してたのが見つかったそうだ。 
恐ろしくて何があったか直接は聞けなかった。 

あの時、聞かれたときにもうちょっときちんと教えるべきだったのか悩んだ。 
でもそれは本人が悪いよ、そう思うことにした。 

でも、たいした黒くないかw

スポンサードリンク
Mamaikuko's Kawaii Bag

904: 可愛い奥様 2011/04/01(金) 15:26:48.04 ID:w0lHsrhP0
>>902 
どんな風に変わっていたのか気になる 

>別人のような雰囲気 

性格とかも変わっちゃってた?

905: 可愛い奥様 2011/04/01(金) 16:10:29.45 ID:5hIqg3qj0
>>902 
ちょっと似たような経験がある。 
中学2の時に、親友だった子(A子とする)が街でナンパにあって 
大人の男の人とこっそり付き合いだした。 
今から考えたら、中2のガキンチョなどナンパする男など碌なもんじゃないって判るけど 
当時は半端に大人な行動に憧れていた時期で「大人の恋人いる私って凄い」と 
酔っているA子に「大人の恋をしているA子ってカッコイイ!( ・∀・)イイ!」と単純に応援する 
お馬鹿コンボで、A子が危ない相手に引っ掛かてるという認識はなく、 
却って、急激なA子の変化に心配したA子母が私に「心当たり」を 
聞いてきた時にも、「親友の恋を応援する健気な自分」のノリでA子の彼氏の事は隠し通した。 

で、A子を心配したご両親が、A子の行動を監視しはじめたとかで、夏休み前にA子から 
「親がウザくて彼と会えない、彼が一緒に逃げようと言うので、○日の夜に家出する事にした」と 
打ち明けられた時にも、心配な半面「駆け落ちだなんて、スゲェ!∑(゜∀゜)」という 
浅はかなwktk感で、A子の計画をご両親には話さなかった。 

結局、A子はその予定日に家出を決行してしまい、当時は携帯もメールもない時代だったので 
私への連絡もなく、そのまま行方不明になってしまった(行先までは聞いていなかった) 

A子が見つかったのは10年後で、自殺後、数週間経った状態でだった。 
お焼香にA子宅に寄せてもらい(遺体の損傷が激しいので告別式等は無かった) 
お母様に「A子は金髪になってガリガリ、薬で骨もボロボロだった」と泣き崩れられて 
もし自分が一言、彼氏の存在や、家出の話をご両親に話していればと 
当時の自分を殴ってやりたい気持ちになったよ。 

A子ご両親は私もA子を不幸にした、一種の共犯だとも知らずに 
今でも、私が実家に戻った時に顔を出すのを楽しみにしているので 
この事は墓場まで持っていくつもりです。 

907: 可愛い奥様 2011/04/01(金) 16:56:22.81 ID:Sx8Zlejx0
>>904 
オカッパな田舎の女子中学生がソバージュの茶髪に・・・・ 
あの頃流行の眉毛ふとーい濃いメークw 
雰囲気も変な威圧感があって怖かった。 

実は会ったのは卒業式のときだったので挨拶位しか出来てないから 
性格は分からない。 

テレクラ爆笑遊びでは電話ボックスで猫も拾ったw 
何で電話ボックスにというとテレクラのビラを集める為だったのだが 
さすがに怪しくて親に言えず、家の前で拾ったことにして子猫は16年生きた。 
ごめんね母さんw 


>>905 
あまりにも凄くて怖! 
浅はかなwktk感・・懐かしい感覚でウケタ。 
 
906: 可愛い奥様 2011/04/01(金) 16:30:29.89 ID:thNJ0++V0
わたしだったらやっぱり言わずに後悔したと思う。 
その年齢の女子は変な連帯感があるからさ。 
親に言ったら友情は壊れちゃうし。 
中2に判断できることじゃないと思う。 

909: 可愛い奥様 2011/04/01(金) 18:29:45.66 ID:KZB0jGFAO
テレクラ遊びは私もしたなあ。影から眺めて笑うのやってた。 
でも、今のおませな中学生みたいに、男について行くとか仲良くするみたいな発想は全くなかった。

引用元: 奥様が墓場まで持っていく黒い過去【黒の14】