692: 名無し物書き@推敲中? 2005/01/23 03:07:01
妹に先を越されました 

今年、妹は高校一年生になりました 
ですが年とは裏腹に妹のドジ加減には昔から変化が訪れません 
目で見ていない時は地雷原が歩いている事かの如く不安でした 
本当に「しっかりしてくれよ」と何度も言いました 
本当に小さい頃から何度も何度も言い続けました 
でも、その不安も今では無くなりました 
心配してやりたくても、心配はできません 
不安な気持ちになりたくても、仮初めの気持ちだけでは心境の景色は変わりません 

いい子でした 
とてもいい子でした 
何やっても失敗ばかり「次はガンバルから」という音をしつこいほど聞きました 
でも、そんな妹が可愛くて仕方ありませんでした 
いっぱい喧嘩もしました、その分だけ仲直りもしました 
そしてこの前は久々に派手な喧嘩をしました 
その日の喧嘩は明らかに俺のせいでした、それは断言できます 
だから切欠を作る為に近所のコンビニで妹の好きなチョコを買ってきて 
それを口実に謝ろうと思いました 
意地っ張りな俺にはちょこっと羞恥な行動だった 

でも、その日妹が帰ってくる事はありませんでした

スポンサードリンク

693: 名無し物書き@推敲中? 2005/01/23 03:07:42
妹は喧嘩した後、友達の家で俺の愚痴を余す事無く吐いていたらしいです 
2時間延々と愚痴を吐き、妹は「帰るね」と言って友達の家を後にしました 
まったくもって優しすぎる親友です 
その30分程後の事でした 
交差点での交通事故でした 


俺があんなに注意しても 
俺があんなに慰めても 
俺があんなに怒っても 
妹の帰りが久しぶりに待ち遠しくても 
最後の最後はあっけなく訪れた 
事故当所、妹はコンビニ袋を持っていたらしいです 
俺が病院でその袋の中身を確認させてもらった時 
中には俺の好きなアイスが入っていました 
それは既に溶けており原型を留めてはいませんでした 
帰り道にコンビニなんぞに寄らなければ、アイスなんてもの買ってこなければ 
妹が交差点を通る事はありませんでした 
似た者兄弟とでもいうのでしょうか 
それはきっと俺の為に買ってくれた物だと思う 
そしてそれを持ってどんな事を想像しながら帰ろうとしていたんだろうと 
妹は良識です、だけど経験はより多くの失敗を語っています 

妹はきっといつもどおりの事をいつもどおりの過ちとして犯した 
いつもと違うのはいつ変わっていてもおかしくなかった天秤の重り 
そして、妹はその日に亡くなりました

694: 名無し物書き@推敲中? 2005/01/23 03:10:46
俺は病室でそのアイスを食べました 
液状になっていても構わず食べました 
いっぱい妹の病室を汚してしまいました 
その日汚してしまった病室は今日だけで明日から妹の居ない病室 
その日は掃除をさせてもらってから、家族共々無言のまま家に帰りました 

家に到着してからも何も語らず、俺は居間から2階の自分の部屋に戻りました 
親は既に病室で泣き崩れていたので 
家では行動から思考に移り変わったのでしょうか、放心状態でした 
俺は2階に上がり自分の部屋のドアを開けました 
そこで机の上に無造作に置いてあった物が見えた 
視界の中に入るたった一つの四角い箱 

それは妹の為に買ってきたチョコ 
それは俺があんまり好きじゃないチョコ 
それが渡せられなかったチョコ 
唯一謝る事の出来なかった喧嘩、そして1つだけの黒星 
食べられる筈だったチョコがそんなイラナイ事実を証明していました 

翌日の朝、家の中に妹の笑顔はありません 
そんな現実を見ても未だに涙は訪れませんでした 
無くなった日常はあまりに大き過ぎた筈なのに 
何故だかすんなり受け入れられている気がしました、見ていなかっただけかもしれないけど 
意図的に物事をさらりと進めて終わらすのが俺の悪い性格でした 
だからか、いつまでも沈んではいませんでした

695: 名無し物書き@推敲中? 2005/01/23 03:11:37
俺はその日から妹が小学生の頃から習っていたピアノをやり始めました 
妹はピアノが特技であり大好きであり先日も「一緒にやろうよ」と迫る様に勧めてきました 
遅すぎた同意、それでも今なら自分の気持ちで始める事が出来ます 
陳腐な感傷かもしれないけど、それはそれで俺にお似合いだと思いました 
バトンタッチとはいきませんがその日から妹の練習分までぶんどる様に肩代わりして弾いてます 
そして今日も練習をしていました 
まだ妹の様に上手に弾く事はまったくと言えるほどに出来ません 
それでも妹が出る予定だった地域自主参加の演奏会までには曲を形にしてみせます 
どんなに無謀でも背負わなくていいゴミでも失うものを背負った以上挫折はできません 
でも出来ないのはあくまで責務、そんなのに囚われる考え方はしていないつもり 
俺は挫折なんてしない 
楽しい事を見つけた 
それだけ、だから弾き続けます 
それには必然からの偶然で妹という壁がある 

妹という壁は何処まで行っても頂上が見えないかもしれません 
彼女が弾いている時、真剣に向かい合っていなかった俺にはきっと見つけられないと思います 
それでも最後の最後に妹より上にいなくちゃきっと笑われてしまいます、拗ねるかもしれませんが 
是だけが兄として忘れてはいけない一人約束 
一方通行の誓約は兄の特権です 

嫌いだったチョコも今は大好物のチョコ 
嫌いじゃなかった妹は今も大好きな妹 

最後に、俺は妹に先を越されました 
それでも、俺には大好きな妹がいました

引用元: 2chで見つけたちょっと泣ける話パート2