334: おさかなくわえた名無しさん 2004/11/26 03:19:25 ID:bWch4kWM
小学生の時。 
学校で種を植えるから、いつもは一緒に買い物なんてしない父親と植木鉢を買いに行った。 

ごく普通の鉢だったけど、何だか嬉しくて 
学校に行く時は、手にぶら下げたりぐるぐる回したり。 
父との会話を思い出しながら学校が見えてきた頃、買ってきた鉢は 
私の手からすっぽ抜けてアスファルトの地面に叩き付けられた。 
それはただの破片に変わってしまった。 

お父さん、ごめんなさい。 
学校に行ってからも涙が止まらなかった。 
一緒に買いに行った時の父の笑顔が浮かんでくる。 
「花を楽しみにしている」と言った父の気持ちを私の不注意で駄目にしてしまったんだ。 

もう20年は立っているが、時々亡き父の思い出と共に甦ってくる。 
思い出すたび、謝りたくなる。

スポンサードリンク

341: おさかなくわえた名無しさん 2004/11/26 17:17:06 ID:hcy2YIBg
>>334 
形あるものいつかは壊れるし、命あるものは必ず亡くなる。 
それが遅いか早いか。 
きっと今頃は天国でお父さんがその植木鉢に花を咲かせてると思うよ。

369: おさかなくわえた名無しさん 2004/11/27 23:30:05 ID:hDtDmmUX
>>334を読んでてせつなくなった。 
一昨日、小一の娘が登校する時に、前髪を留めるバレッタをいじりながら歩いていて、 
スルッと髪から落ち、そのまま側溝のフタの隙間へと落ちてしまったらしい。 
小三の兄や、一緒に登校していた子達が側溝のフタを持ち上げられないか、 
色々試したんだけどダメで、遅刻するからってみんなが走り出した後も、 
一人残って泣いていた。 
たまたま近所の人が車で通りかかって、娘の只事ならぬ様子を見て電話してくれた。 
スクーターで駆けつけたら、顔が涙でグシャグシャで、しゃくりあげが止まらない。 
そのバレッタは娘と二人で選んだもので、娘もそれは大切にしていた物だから、 
頭の中が真っ白になったんだろう。 
>>334さんもそんな思いしたんだろうね。

340: おさかなくわえた名無しさん 2004/11/26 14:17:55 ID:08G74oKc
穿つ 
↓ 
事の裏面の事情を詮索すること 

どこで調べたんだろうか。

引用元: (⊃д`) せつない想い出 その6 (´・ω・`)