512: 癒されたい名無しさん 2008/01/03 04:14:35 ID:JpjJN2kd
久しぶりに実家に帰っておばあちゃんに会った。 
電車で2時間くらいのところに実家はあるんだけど 
いろいろと揉め事の多い家だったので、それが嫌で家を出たのが15年前。 
片手で足りるくらいしか帰省せず、しかも泊まるなんて事もしなかった。 

だけど。今回お正月はどうしても帰って来いとの父からの連絡。 
いつもは「何にも予定がなければ帰ってくればいい」ぐらいの言い方なのに。 
変だなぁとは思ったけど、渋々。しかも大晦日に行くと言っておきながら 
面倒くさくなってしまって元旦の夕方に帰った。 

おばあちゃんが痴呆症だって事は電話で前から聞いていた。 
でも、聞いた後におばあちゃん本人から携帯に電話があって 
その時にはちゃんと話もかみあったし、繰り返しで話すこともないし 
素人考えでそこまで症状が進んでるとは思ってなかった。 

昨日実家に帰ったら父が「○○ちゃんが来たよ」って言ったら 
「久しぶりだねぇ」って言ってくれたから(なぁんだ。そんなに深刻じゃないよw) 
なんて思ってた。お年玉をあげたら、「まぁ~!!」なんて言ってて 
子供の時にたくさん貰ったんだからいいんだよ、お礼だよなんて言ったり。 
お正月だから、明日は早起きしなくていいんだよなんて 
他愛もない話をしてその日寝た。でも眠れなかった。モヤモヤして。 
本当に今まで父から聞いていたボケがその日はわからなかったから 
早起きして確かめようと思った。 

長いんで分割

スポンサードリンク
Mamaikuko's Kawaii Bag

513: 癒されたい名無しさん 2008/01/03 04:25:30 ID:JpjJN2kd
512の続き 

朝5時wにガタガタ物音がしだしたので、リビングに行ってみた。 
おばあちゃんが起きてリビングの隣の部屋で布団をたたもうとしてるので 
「おはよう」と声をかけた。「おはようございます」と深々とお辞儀をしたのを見て 
ちょっと違和感があった。 

二人でコーヒーを飲みながら話をしてみた。 
おばあちゃんのこどもの頃の話。 
東京大空襲の話。 
おばあちゃんがおじいちゃんと結婚した頃の話。 
おばあちゃんのお父さんの話。 
最近の父を含め自分の息子や娘の話。 

おばあちゃん、楽しそうに話をしてたけど言ったんだ。 
「正直者は損をする」って。 
思った事をズバズバと昔から言うおばあちゃんではあったけど 
それは敵を多く作るもとだってこの歳になって知ったって。 
実際にデイサービスでもいろいろとあったらしい事は父から聞いていた。 

「だから、初めて会った人にこんな風に楽しく思ってることおしゃべりできて 
今日はすごく楽しい」って。 


おばあちゃん。私の事、覚えてなかった。 
その時に父が言ってたボケは本当なんだななんて実感した。 

帰り際「また来るね」って言ったら「今日は本当に楽しかった」って言ってくれた。 
あげたお年玉はお仏壇にちゃんと置いてあった。 
お金をいつもどこかにしまいこんで 
わかんなくなっちゃって困るって父は言ってたのに。 
でもきっと今日会った事はおばあちゃんの記憶の中では 
明日にはなくなってるんだろうなと。 

1泊2日だったけどその様子を思い返したら帰りの電車の中で涙が出た。 
周りに見えないように被ってた帽子をグッと深くした。 
忘れられないようにもっとたくさん帰らなきゃって思った。 

長文しかも 
チラシの裏スマソ

引用元: 【泣ける話】