277: おさかなくわえた名無しさん 2007/01/09(火) 21:49:02 ID:xUjhNQXI
ティーバッグをぎゅうぎゅう絞ってレモンを入れて、
そのレモンもぎゅうぎゅう絞って飲んでる男がいたな。 

絶対不味いと思うんだけど「この渋みが男の味なんだよwww」みたいに自慢してた。 

紅茶好きの紳士な教授(女の子人気高い)に対抗したかったらしい。 

スポンサードリンク

ミルクティー好きの教授に

「男の癖にミルクってwwwww」

とダメ出ししてた。そいつはもてなかった。

284: おさかなくわえた名無しさん 2007/01/09(火) 22:10:16 ID:ciC90pq2
この流れ、42歳を思い出す。 

>>277 
そりゃモテないわw 
教授に異性として対抗意識を持つなんて珍しい人だね。

288: おさかなくわえた名無しさん 2007/01/09(火) 22:20:18 ID:xUjhNQXI
>>284 
そいつの好きだった女の子が教授のことを「ああいう紅茶の似合う紳士な人って憧れ」と褒めたかららしい。 
ついでに言うと教授はもうおじいちゃんだった。 

スレタイに無理矢理沿わせるとその男にちょっと好意を持ってた女の子が紅茶の飲み方見てドン引きしてた。

293: おさかなくわえた名無しさん 2007/01/09(火) 22:26:57 ID:bOaaqB/7
>>288 
横レススマソだが、爺さんをライバル視する男の図を想像して吹いたw 
端から見てる分には面白い奴だな


296: おさかなくわえた名無しさん 2007/01/09(火) 22:46:34 ID:hHW0+wEE

    _, ._ 
  ( ゚ ◎゚)   ズズ… 
  ( ゙ノ ヾ 
  と_)_) 

引用元: 百年の恋も冷めた瞬間!96年目