71: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/30(木) 20:26:35 ID:pmEpIvpk
夜中、繁華街の路上喫煙エリアで煙草吸ってる俺の横を、泥酔したリーマン3人組が煙草吸いながら歩いてった。 
全員足元もおぼつかなくて、周りまったく見えてない。ギャーギャー喚きながら歩くよくいる酔っ払い。 
あぶねえなあと思っていたら、前を歩いていた派手な若い女ふたり組みに思い切りぶつかった。 
当然煙草持ったまま。女のひとりが「熱い!!!」と叫ぶ。火が腰の辺りに当たったらしい。 
「てめーふざけんなよ!」と叫ぶ女と、「ちょっと当たっただけだろうるせえあwせdrふじこ」と喚くリーマン。 
短い罵り合いのあと、リーマンが女の襟首つかんでぐいぐい体を押し始めた。 
リーマンの主張は「ちょっと当たっただけだから喚くな」の一点張り。 
スポンサードリンク

押された女は、俺のいる喫煙エリアの枠線の中へ。止めるか、と思っていたら女がバッグから煙草を取り出してリーマンに言った。 
「おいオッサン火貸せよ。おめーにも「ちょっと当てて」やっからよ!」と言いながら煙草を咥える。 
残ったリーマンが「火も持ってねえのに煙草吸ってんじゃねえよ!」と言うと、女はじろっと睨んで 
「てめーらみてーなクズとは違うんだよ!道端で煙草吸う用事なんかねーから、店から家まででライターなんか持ち歩かねーんだよ! 
店と家にしか置いてねーよ、こっちはライターは商売道具なんだよ!」 
さすがに黙るリーマンに更に「オラ、火貸して「ちょっと当てられる」か、交番行くかどっちか選べよ!」と一喝したところで 
もうひとりの女のほうが、持ってたケーキの箱から保冷剤を出してきて「そんなことより冷やしなよ、バカ!!」と 
啖呵切った女の腰に当てた。ちょっとわろた。 
5人は誰かが呼んできた警官と一緒に、交番のほうへ歩いて行った。ほんの2分間くらいの出来事。

74: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/30(木) 20:46:28 ID:TwrZ0Nr8
やらせっぽい

引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(80)