546: 名無し物書き@推敲中? 2004/11/06 05:16:33
まだ3歳くらいの頃の話しだ。母親も知ってる話だ。 

いつも一緒に遊んでいる近所の女の子がいた。その子がある日突然、 
「今日でお別れなんだよ。バイバイ。」と言いながら、急に壁の中に消えて、 
それから閉まっているドアの中から急に一度現れ、その後完全に消えた。 

もちろん一緒に遊んでいた子(2名)も見ていた。 

驚いて、「ままー!」 
と叫んだ。母親が驚いて出てきて、「どうしたの?」と聞く。 

漏れは「○○チャンが、壁の中に入ってから消えちゃったよ~」と言った。 
すると母親は一瞬驚いた顔をしたが、その後すぐに笑顔で、 
「何言ってるの?○○チャンは昨日お引越しして今日はもうここにはいないのよ」 
と言った。一緒に遊んでいた子供も驚いた顔して聞いてた。 

後から聞いた話だが、○○チャンは漏れたちと遊ぶ前の日に車にはねられ入院。 

その時間に病院で息を引き取ったそうなのだった。まだ幼かったので、そのことは 
遊び仲間の子たちには隠していたらしい。その後「お別れ会」を開いて、○○チャン 
の写真が飾ってあるテーブルにお菓子をお供えしたことは、確かに覚えているのだが。 
この話し、誰に言っても信じてもらえない。

引用元: 2chで見つけたちょっと泣ける話パート2
スポンサードリンク