101: 1/2 2008/10/31(金) 23:16:13 ID:VW53eQCa
17歳の時付き合ってた28歳の彼の話。 

家には元カノの名残がありまくり・会う時はいつもあっちの都合・ナル 
よく連絡がとれなくなる人だったけど年上で憧れてた彼と付き合えてラリってた私はそれでも好きだった。 

ある日彼の家にいる時にふと自分の内腿を見てみると原因不明の湿疹(?)が出ていた。 
元々肌が弱いし痕に残りそうなくらい真っ赤な斑点だったんで心配になり 
彼に見せると「うわ、気持ち悪!」寄らないで、と言わんばかりの態度でドン引きされた。 
その日は泊まる予定でお邪魔してたのでもう夜遅いから病院もやってないし 
増えて広がってく気配もないのでそのまま様子見にしたんだけど 
痕に残るかもという心配と、何よりも彼の態度がショックだった。 

スポンサードリンク
Mamaikuko's Kawaii Bag

なのに寝る時間になると求めてこられた。 

しかもいつもは嫌がっても電気をつけたがるくせに、その日は最初から真っ暗。 
この件でもだいぶひいてはいたけど私が気にしすぎかなと思い、この件は流した。

102: 2/2 2008/10/31(金) 23:16:43 ID:VW53eQCa
後日彼から会おうと誘いがあった。 
風邪気味だったので断るとどうしても見せたいものがあるんだ、と引かない。 
押しに負けて家に行くとご機嫌の彼に見せられたのは新型のパソコン。 

派遣で普段から金がないが口癖の彼。 
当時高校生でバイトだった私に割り勘ならまだしも、たまに私が奢るくらいだし 
インドアを言い訳にどこにも連れてってもらった事もなく、家で仲良くばかり。 
クリスマスの日私はねだられて2万前後の服を買ったのに 
彼からは多分5000円もしなそうな雑貨屋で買ったような指輪だった。 
(欲しいものを聞かれたので指輪をお願いした。) 

なのに新型パソコン? 
なんか色んなものを通り越して血の気が引いている私にまた仲良くを 
もちかけられたので初めて拒否をすると態度が一変。 
「意味がわからない、何が気に入らないの?」「俺の彼女で自慢でしょ?」 
「俺の気持ちを踏みにじった。」「最低」 
などと散々罵倒された挙句、まだ夕方だったにもかかわらず「送ってく。」と車でさっさと送られた。 
もう気力もなかったので一切言い返さなかった。 

その晩39度の熱が出てうなってる時彼からメールが来た。 
「俺達距離を置いた方がいいと思う。しばらく会わないでおこう。」 
「しばらくじゃなくてもう二度と会いません。」と返信して別れた。 

今思えば高校生の体目当て以外何者でもなかったんだろうけど 
当時は年上の憧れもあるし若くてわからなかったんだよね…。 
長々と若気の至り話すみませんでした。

引用元: 百年の恋も冷めた瞬間! 72年目