525: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/02(金) 15:42:50.66 ID:07uQxBdT
高校生の時につきあった人。 

普段から「俺、傘嫌いだから雨の日でも傘持たない主義」とか「雨が好きなんだよね」と 
いかにも風情のわかるオレ!みたいに語ってた。 

まあそれはなんとも思ってなかった。 

ところが、学校から駅まで10分ほど歩くんだけど、部活のないときとかたまに一緒に帰ってた。 
たまたま雨の日(午後から雨降りの天気予報)に一緒に帰ったら、私は折り畳み傘持ってて、彼氏は持っていなかった。 

一緒に帰るのに私だけ濡れずに帰るのもなんだから…と思って、折り畳み傘で濡れない面積小さいけど入れてあげた。 

カバンと自分の体が濡れないように身を縮ませながら隣を歩く彼。おまけに「傘持ってあげるよ!」という。 

あれよあれよという間に傘を奪われ、私の肩とカバンはびしょびしょに。 

しかもそのことに気付いてないのかご機嫌で雨の日の風情について語る。 



冷めた。

 

☆恋愛速報管理人MK コメント☆

恋愛速報管理人
正直、そんなんで冷められても・・・

引用元: 百年の恋も冷めた瞬間!★141年目
スポンサードリンク