288: 愛と死の名無しさん 2012/09/20 20:24:50
片っ端からネタ認定してりゃいいってもんでもなかろーにw 


新婦の脳が残念になってしまった話。 
職業柄どうしても平日でないと式が挙げられない、申し訳ないけど来てくれたら嬉しい、と 
こちらの都合を気遣ってくれていた新婦。 

さて(w)当日。 
それ以前に個人的に新婦から「平日だけど都合大丈夫?」って聞かれていた内容が、司会者により 
盛りに盛られて垂れ流された。 
「ご友人の○○さんは、大切なお仕事を投げ出してお祝いに駆けつけました」 
→一番多かったパターン。普通に有休取ったり、シフトを調整しただけ。 
「○○さんは、他にもご招待を受けた結婚式を断ってお祝いに駆けつけ(ry」 
→たまたま前後して親戚の結婚式があったのは事実だが、そっちには最初から呼ばれてない。 
「○○さんは、身重にもかかわらずお祝いに(ry」 
→招待状が来た時は妊娠中だったが、もうとっくに生まれてた。 
「○○さんは、お怪我を押してまで(ry」 
→招待状が来た時に骨折していたが、もうとっくに治ってた。 

スポンサードリンク


おかげで、新婦側の出席者は仕事を投げ出す責任感の無い集団と化した。 

司会者が勝手に盛ってるのかと思ってたけど、新婦が意図してやったことだった模様。 
式の翌日にブログで、どうしても都合がつかず欠席して祝電を送った友人を指して 
「大切なお友達の、一番幸せな姿を見たいと思わないのかな。心の貧しい人」とか言っていたから。 
みんな私のことを最優先して集まってくれた!というのをやりたかったんだと思う。 
良識あるいい友達だったはずなのに、残念だった。

289: 愛と死の名無しさん 2012/09/21 01:41:03
>>288 
どうでもいい話書くなよ

291: 愛と死の名無しさん 2012/09/21 06:13:30
>>288 
新婦はそこまで自分ageしたかったのか、ゲストをsageてまで。 
嫌な気分だったね、乙。

290: 愛と死の名無しさん 2012/09/21 02:28:28
新婦乙。

292: 愛と死の名無しさん 2012/09/21 08:28:00
ネタ師いい加減に消えろよ

引用元: 目撃DQN61◇◆サムかった、披露宴・・・◆◇