472: おさかなくわえた名無しさん 2009/08/09(日) 23:09:58 ID:ve8akqZe
俺の娘は今年4歳になるが、嫁は娘を生んですぐに家を飛び出したので、子供には母親の記憶はない。 
今まで母親のことはあまり話題にせず避けてきたんだが、 
こないだちょっと考えさせられる出来事があった。 
仕事の移動中に乗った電車の中でのこと。 
俺の隣には、幼稚園くらいの女の子が、母親らしい若い女性と一緒に乗っていた。 
途中、駅で片腕のない女性が乗ってきて、俺達の向かい側に座った。 

女の子が「お母さん、なんであの人は手ないん?」と、みんなに聞こえる声で 
言ったので、俺は一瞬ドキっとして、女性と親子から思わず目をそらした。 
が、母親らしき女性は慌てることなく、女の子に向かって言った。 

母親「いろんな人がいるの。みんなが同じじゃないの。 ○○ちゃんにはおじいちゃんとおばあちゃんがいないでしょう?」 
女の子「うん、みんなはおるけど私はおじいちゃんとかおらへんねんなー」 
母親「うん、いろんな人がおるけど、おじいちゃんやおばあちゃんがいないのは、 ○○ちゃんのせいじゃないでしょ?」 
女の子「うん、違う。あ、△△ちゃんとこはお父さんおらへんねんで」 
母親「そうね、でも、それは△△ちゃんのせいじゃないよね」 
女の子「うん、違う!」 
母親「だからね、みんなおんなじじゃないの。 みんなそれぞれ、持ってるものと、持ってないものがあるんよ。 
   でもね、持ってないからって、その人は何も悪くないし、他の人と何も違わないんよ」 

腕のない女性を含めて、車内に乗り合わせていた人たちは 
みんな暖かい目でその親子を見守っていた。 
思わず目をそらしてしまった自分が恥ずかしくなった。 
自分の娘にも、母親のことを恥じない子に育って欲しいと思った。 
この電車の親子は、俺に子育ての大事なことを教えてくれた気がする。 


スポンサードリンク


障害云々で、この話を思い出した

473: おさかなくわえた名無しさん 2009/08/09(日) 23:23:59 ID:w0ujqXA0
ん、まあ・・・どうかな。 
別に祖父母がいないことで、他人の助力を得たり、公的な金から支援されたり 
しないからな・・・。 
基本、ウソだけど、まあ教育的かな・・・うん。

475: おさかなくわえた名無しさん 2009/08/09(日) 23:49:42 ID:ufAtbUdB
>>473 
幼稚園児にどんな講釈してやろうと考えてんだw?

477: おさかなくわえた名無しさん 2009/08/09(日) 23:56:15 ID:w0ujqXA0
>>475 
仮に、>>472のお母さんの説明を事実であり、伝播すべきお手本であると考えるバカもいたのかなあ、 
と思うと、ちょいとひっかかっただけ。 
子供に説明する分にはいいと思うけど、それを聞いて向ける「暖かい目」は、手放しで楽しんでいいもんじゃないだろう。

483: おさかなくわえた名無しさん 2009/08/10(月) 00:55:36 ID:9c+A4oLJ
>>473 
大切なのは母親の「他の人と何も違わないんよ」という一言だ 

障害のある人は障害ばっかり見られてて、その人自身を見てもらえない 
こういう視線って、障害による不便さとは比較にならないくらい辛いんじゃないか

484: おさかなくわえた名無しさん 2009/08/10(月) 01:04:28 ID:RhSKSeGj
>>483 
違うから、見てわかるんだよ。 

ハゲがはげてること以外見てもらえなかったら、そいつに魅力がないってことだよ。 
身長2mの人がそれ以外見てもらえなかったら、そいつに身長以外特徴がないってことだよ。 
巨・がそれでしか判断されなかったら、それ以外魅力がないってことだよ。 

「他の人と違わない」のなら向けられる視線は、デブ、ハゲ、2mと同様に甘受すべきだろ。 


もし「違う。障害者はそう見てはいけないのだ」と思うのなら、>>483に矛盾しない理屈を書いてみ。

486: おさかなくわえた名無しさん 2009/08/10(月) 02:12:20 ID:c/hfnGQr
>>484 
「みてくれは違っても(同じ人間)なんだよ」って意味だと思うけど 
違うのか?

引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(80)