923: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/10/16(日) 12:37:43.96 ID:OToai6Sf
これは私が中学に入学した頃の話です。  
入学式の数日後、読書好きだった私は学校の図書室に入り浸ってました。  
その時、何故かその学校の不良連中に取り囲まれてしまいました。  
彼等は私の名札を引っ張り「○○って名字ってことは○○さんの弟?」と聞かれました。  
私は彼らが指している○○というのが誰の事かわかりませんでしたが  
(というか○○って名字の人の弟妹は○○って名字に決まってるだろ)と内心思いながら  
上に兄姉がいるのでどちらかのことだろうと思い「はい、そうです」と答え、彼等はその答えに満足したのか去って行きました。  
後日また彼らに取り囲まれ「お前、○○さんの弟だって嘘じゃねえか!」と胸倉を掴まれました。  
どうやら彼らの言う○○というのは学校一美人と名高い○○さんだったらしく、弟にとりいってお近づきになろうという魂胆だったようです。  
仕方ないので私は答えました。 
スポンサードリンク
 
「確かに私は○○という名字ですがてっきり兄とお間違えかと思いまして」と。  
「兄貴の名前は?」と聞かれたので正直に「○○××です」と。  
その瞬間、「ナマ言ってすんませんでしたー!」と土下座する彼ら。うちの兄がその学校で伝説になってるという噂は聞いていたのですがさすがに驚きました。  
もちろん悪い意味での伝説です。超絶DQNの兄を反面教師にして姉と私は真面目に生きて来たんです。  
産まれて初めて超絶DQNの兄のおかげで助かったという話です。  
ちなみにその時の担任は兄の担任でもあったらしく、三者面談でうちの母を見て挙動不審になってました。   
そして姉の担任でもあったようですが何故か姉は察知される事無く卒業した事を知り、色んな意味で尊敬しました。

925: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/10/16(日) 12:53:26.37 ID:OToai6Sf
超絶DQN兄はなぜか高校に至って勉強する楽しみを知ったそうで、猛勉強の末に国立大学に現役合格。  
超絶DQNとしての伝説と名前だけを残して、この当時は既に楽しい大学生活を満喫しておりました。  
卒業して帰ってくる頃にはかなり性格が丸くなっており、都会で改造手術を受けたともっぱらの噂です。  
現在はかなりお堅い職業の子煩悩パパに超進化を遂げております。

926: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/10/16(日) 13:14:12.10 ID:CHFIdOEY
その超進化の方がよっぽど武勇伝じゃねぇか?

928: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/10/16(日) 13:31:54.64 ID:OToai6Sf
>>926 
そうなるに至った経緯がさっぱりわからないんです。  
本人からは離れた土地で暮らすにはまず人間関係を作らなければ、と東奔西走していたという話は聞きました。  
ほとんど下宿先にも滞在しなかったようで帰省も無かったものですから連絡が取れず、  
家族にとっても、都会で改造手術を受けたか、戸籍を別人に売ったとしか思えませんでしたから武勇伝には程遠いかと。

932: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/10/16(日) 14:37:17.42 ID:OToai6Sf
怒っても金髪を逆立てたり、満月を見て大猿になったりはしませんよ。  
おそらくは元々そういう気質があったのにDQN行為に隠れて見えなかっただけかと。  
硬派を気取ってましたから女性に対して危害を加える事は無く、もっぱら喧嘩と器物破損に勤しんでました。  
伝説となったのは器物破損の方が大きかったようです。  
詳しく書くと特定されそうですが、兄一人の行為で学校が三日間閉鎖されたそうです。  
損害賠償はなぜか兄以外の不良仲間が折半したらしく、正確に何があったのかは分かりません。

引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(102)