24: 世界@名無史さん 2002/11/10 02:20:00
キューバ建国の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラの話。 

彼は2回結婚しているが、ある時、最初に結婚した妻のいるアルゼンチンにひょっこり現れた。 
そして妻に頼んだ事は「一度でいいから娘に合わせてほしい」 

妻が出した条件は「貴方が娘の父親ということを絶対に言わないこと」 

そしてゲバラ、変装してレストランで娘とあう。 
娘は「氏んだお父さんの古い友人が貴方に会いたがってる」と母から言われていた。 

アルゼンチン訛りのスペイン語や、ワインをソーダで割って飲むという 
アルゼンチン人独特の習慣をするゲバラを見て、 
娘は「この人が本当のお父さんに違いない」と思った。 

しかし、遂に「お父さん」と呼ぶ事は叶わなかった。 


この話を読んだ時、正直涙が止まりませんでした。長くてゴメン。

スポンサードリンク
Mamaikuko's Kawaii Bag

27: 名無しさん@1周年 2002/11/10 02:43:00
>>24 
なんて本だかわからないけど、それ事実と全然違うよ。 
最初の妻との間に出来た娘はキューバに住んでたし、 
もちろんチェが自分の父親だと知ってたよ。 
それに再婚して出来た子供(4人)と最初の娘は仲良かったよ。 
最初の娘が他の4人の面倒をみてあげてたし。 
娘がお父さん(チェ)と一緒に映ってる写真もたくさんあるよ。 
煽りじゃなくて、他のチェの本をちゃんと読んだ方がいいと思う。 
その本はひど過ぎるよ。
 
引用元: 世界史で感動した話、泣けた話を集めるスレ