686: 名無し 2008/07/30 19:06:37 ID:y3LjX9ga
自分が小学6年のときに、じいちゃんが 
亡くなりました。 
その日おじいちゃんは、いつもどおり畑仕事をしていて、「おかえり」と、 
言ってくれました。  
自分の家族は、母、父、兄、自分、じいちゃん、ばあちゃんの、6人家族でした。 
兄は高校生で、寮にいました。 

2階にいた自分は、ジュースが飲みたくなって、1階におりました。 
すると、おばあちゃんが騒いでいました。「瞳孔」や、「119」という言葉が、何度も聞こえてきました。 
父も母も、仕事に行っていたので、すぐに電話しました。 
病院にいたときのことは、ほとんどおぼえていません。 

「残念ですが・・・」という知らない人の声が聞こえ、自分や、家族、親戚の人たちが、おじいちゃんの運ば 
れていった部屋に入った。 
寝ているおじいちゃんにふれたとたん、自分は思った。 
「この冷たさは何?」「この人は、さっきまで笑っていたおじいちゃんか?」 
  「悲しい」 

ただ、これだけは、おぼえてる。自分は、狂ったように怒鳴っていた。ただ泣きながら・・・ 
  
それから後は、おぼえてない。 
その後、飲もうと思っていたジュースを飲んだ。2つ。 
おじいちゃんといっしょに飲むはずだったジュース。 

味は・・・りんごの味。ぼくの目からつたってきたものと混ざって少ししょっぱかった・・・   

終わりです。ありがとうございました。

687: 名無し 2008/07/30 19:17:54 ID:y3LjX9ga
686に書きました。初めて書いたので、すっごい不安です。 
つまらなかったとしたらすいません。 
ちなみに自分の性格はスーパーネガティブです。 
まだまだ悲しい話があります。また書こうと思ってます。

691: 癒されたい名無しさん 2008/08/01 01:30:07 ID:7D4vcewo
>>687 
つまらなくないし、大切な思い出。 
吐き出していきな。
 
引用元: 【泣ける話】
スポンサードリンク
Mamaikuko's Kawaii Bag