607: おさかなくわえた名無しさん 2004/05/22 20:02:00 ID:vTcsibyD
知ってる人は知ってるだろうけど、癌で入院して、末期になるとモルヒネを 
打たれる。で、その副作用で幻覚が見える。親父も癌で亡くなったが、最後は 
半分くらい夢の世界で、いつも小さなヘリコプターと遊んでいた。 

去年、叔父さんを見舞いに行ったとき、隅のベッドに寝ていた人がその状態 
だった。普通、末期なら個室に入れられるんだが、満室なのかなとか思いつつ、 
夢の世界に行っているその人を何となく見ていた。 

「よせよ・・・くすぐったい・・・可愛いな、おまえたちは」とか言いながら何かを 
抱いている仕草をしていた。森で小動物にでも囲まれている幻覚を見ていたの 
だろうか。その人は「ほら、おまえ達にも見えるだろ?可愛いだろ?」と、 
ベッドの周りの家族に向かって言っているようだったが、ベッドの周りには 
誰もいなかった。 

2週間くらいしてまた見舞いに行ったら、そのベッドは空で、あのあとすぐに 
亡くなったと叔父が言っていた。モルヒネが切れると痛みに苦しんでいたが、 
モルヒネが効くと、幻想の動物と家族に囲まれて幸せそうだったらしい。 
臨終直前には個室に移されるので最後は分からないが、同室のときは、 
雇われたらしい人が世話をしていたが、家族らしき人は誰も来なかったと 
言っていた。誰かが入院費を払っていたんだろうけど、最後まで幻覚の家族に 
囲まれていたその人の人生を勝手に考えて、何だかせつなくなった。

スポンサードリンク
Mamaikuko's Kawaii Bag

613: おさかなくわえた名無しさん 2004/05/23 01:58:00 ID:uedGX6nR
>>607を見て、俺のおじさんのことを思い出した 
俺のおじさんも癌で死んだ  

おじさんは婿養子で、向こうの家族関係がよくないことも重なり 
かなり窮屈な思いをしていると周りの人に思われていた 
でも、彼は周りに愚痴一つもいうこともなかったし、 
俺の家に遊びにきたときもいつも笑顔だった 

そんなおじさんの葬式の日、天気予報では雨だった 
しかし、朝から天気もよく、葬式も滞りなく行うことができた 
一通り事がすむと、ぽつぽつと雨が降り始めた 
俺が外でぼーっとしていると、おじさんの姉と妹の話が聞こえてきた 
「あいつは優しいやつだったから、 みんなが困らないように 
 葬式の間は雨が降らないようにしていたのかもね」 
俺は葬式の間泣くことはなかったのだけど、 
その会話を聞いた瞬間おじさんの笑顔が頭に浮かび、泣いてしまった

608: おさかなくわえた名無しさん 2004/05/22 20:28:00 ID:YfcVPdPX
Living is easy with eyes closed Misunderstanding all you see

609: おさかなくわえた名無しさん 2004/05/22 20:56:00 ID:5gMf4IVj
生活は見るすべてを誤解して、目を閉じて容易です。 
テキスト翻訳('A`)?

610: おさかなくわえた名無しさん 2004/05/22 21:41:00 ID:Ty5sjNLe
目を閉じて見るもの全てを誤解したままでいれば、生きて行くことは容易なことだ。

612: おさかなくわえた名無しさん 2004/05/23 01:57:00 ID:xDNMmg6l
>>610 
あー分詞構文だぁ

611: おさかなくわえた名無しさん 2004/05/22 23:04:00 ID:NdsNW7yR
ジョン・レノンの名曲「Strawberry Field Forever」ですね。

引用元: (⊃д`) せつない想い出 その4 (´・ω・`)