106: 本当にあった怖い名無し 2013/10/29 03:09:27 ID:JoQHqeQc0
俺が読みやすいようにまとめ直したら、ぐっと短くなったぞ。 


二年ほど前の話。 
当時、バイトで知り合ったI美、A太、俺(仮にJとしておく)と3人でよく遊んでた。 

バイトを辞めてからもつるんでて、A太はI美を好きだったみたいだけど俺に薦めてきた。 
A太は自分に自信がなく、二人が付き合えばいいなと思ってたみたいで、それがきっかけで俺もI美が気になり始めた。 
特に進展することは無かったけども。 

社会人になってもA太とはよく遊んでおり、家に泊まりにいったときには、なぜか爺ちゃんと囲碁で勝負したりもした。 

久しぶりにI美とも一緒に三人で遊びたいなと思ってたら、ある日、I美が俺んちを訪ねてきた。 

どうも、ストーカー被害にあってるらしく、警察は頼りにならない、で泊めてほしいとお願いされた。 
ただ、俺も若い男なので、理性を抑える自信がないと伝えると 
「いいよ!あたしね。ずーっとJのこと好きだったの!」 
っていうので、俺歓喜。 
そのまま同棲が始まった。 
ところが、働かずに家事もしない、挙句の果てに生活について文句つけたりしはじめたけど、ストーカーから守るのは俺だと思って同棲続けてた。 

ある日、入院したA太の爺ちゃんの見舞いに行ったとき、A太にI美と付き合って同棲してることを伝えると 
「お前が幸せなら、いいじゃんか!良かったね!」と祝福してくれたので、胸のつっかえがとれた気分だった。

107: 本当にあった怖い名無し 2013/10/29 03:10:04 ID:JoQHqeQc0
ところがしばらくすると、話があるとA太に飲みに誘われた。 
話とは、俺と付き合う前のI美のことについてだった。 

以前、3人がバイトしてた頃からI美は男と同棲してて、最近若い男連れ込んだのがバレて追い出された。 
まさか、その後Jのところにいるとは!って驚いて伝えるのが遅くなったと言った。 
さらに、心配になったから平日仕事休みの時に俺んちの様子を見に来たら、不審な中型バイクが停まってるのを見たらしい。 

心当たりがあった俺は家に帰るなりI美に 
「テメー男連れ込んでんだろ。見たんだよ!出てけクソ」と叫んだ。 
彼女は否定したが、I美がいつも見てもらってる占い師に言われたとカマかけたらあっさり認めた。 
どんだけ占い信じてんだよ。 
結局、その時は土下座で許したけど、それも長くは続かなかった。 

そんなことがあったすぐ後に、体調崩してたA太の爺さんが亡くなったので、喪服来て通夜とかを手伝いに行った。 
I美もついてこようとしたけど、俺が拒否した。 
無事手伝いが終わって帰宅したらI美が「塩まいてよ!有り得ない!キモイキモイキモイ!ジジイの霊が家の中はいるじゃん!」だと。 
反省の色が見えないし、ジジイ呼ばわりしたことにさすがにブチ切れて、その足でA太の家までUターンした。 

A太に帰った時の出来事を伝えて、追い出したいと相談した。 
そこで、さらにI美が糞で有名ということ、俺をATMとして別の男とよろしくやろうとしてることがわかった。 
結局、相談した上でI美に復讐することを決めた。

スポンサードリンク
Mamaikuko's Kawaii Bag

108: 本当にあった怖い名無し 2013/10/29 03:10:59 ID:JoQHqeQc0
内容は幽霊屋敷風に俺とA太が演出した家に引っ越して、徹底的に追い詰めることにした。 
大地主のA太家は、山に借家と親戚用の一軒家を所有してた。 
相続まで時間はあったし、一軒家には誰も済んでいない上、駅から遠いし、私有地で街頭が少ないと好条件の場所だった。 

I美には二人で暮らすのにいい物件を見つけたと伝えて引っ越した。 
同時に俺は会社の寮を申請して、手続きが終わり次第、わからないように私物はそっちに移した。 

しばらくしてI美は「この家変なの!」って半狂乱になった。 
そりゃあ、大量の髪の毛が風呂場に落ちてたり、畳を引っかく音や水の音が聞こえたりしたら怖いわな。 

髪の毛は知り合いの美容室から仕入れたものを、I美が寝てる出勤前にばら撒いた。 
音は機械工作が得意なA太がICレコーダーを利用して、タイマーで作動する仕掛けを作って鳴らしてた。 
極めつけは、俺が残業のフリして深夜まで寮で過ごしてるときに、突如クーラーと加湿器を作動させてブレーカーを落としたとき。 
暗闇の中響く謎の音という環境で、完全にパニックになったI美から電話が来た。 
さすがにヤバイかなと思って帰宅したら、I美が何か呟きながら這いずり回ってて、俺がビビってしまったw 

幽霊屋敷に引っ越して1ヶ月たっても、バイク野郎が来る気配がなかったのでトドメを刺そうか考えてたら、絶好のチャンスが到来した。 
I美が心酔してる占い師がこの家を霊視しに来るとのこと。 
で、その占い師を見たら金髪、紫のサングラスのババアで超絶胡散臭い。 
I美はそのババアに必氏の形相で、今まで起こったことを訴えてる。 
一段落して、1階を見終わったから2階に行きましょうと提案した。

109: 本当にあった怖い名無し 2013/10/29 03:13:56 ID:JoQHqeQc0
実は2階に小道具とか色々隠してたので、I美が近づかないよう箪笥に御札貼ったり、血糊を霧吹きで吹き付けたり不気味な雰囲気にしてた。 
I美はビビって上がってこなかったけど、ババアはすんなり上がってくる。 
登り終わったあと、ババアに「I美に黙ってたんですが、昔ここで首吊り自殺があったようで…」と話すと、転げ落ちるように階段を降りてI美に何か言ってるようだった。 
話し終わると、ババアは一目散に退散していった。 
I美は俺に向かって「上で首吊りあったんだよ!!」と基地外みたいに泣きながら喚いてた。 
それ、俺の作り話だからと内心笑ってた。 

そのあと俺はA太に連絡して、翌日の夜トドメを刺すことにした。 

I美はかなり精神的に参ってたようで、実家に帰ることを決意したみたいだ。 
荷造りしてる時もキャーキャー喚いてたし、夜でもお構いなく「上!上!」と指さして全然寝なかった。 

決行当日の朝、荷物発送のためコンビニに行った後、適当な理由をつけて夕方までI美を連れ回した。 
A太との約束の時間になったので、嫌がるI美を連れて家に戻った。 

そして、あの家に入った途端、玄関から左廊下の先にある、風呂場の赤い電気が点いた。 
その瞬間にI美は発狂し、俺はどさくさに紛れて「下ヤバイ!下ヤバイ!」と絶叫してるI美を抵抗されながらも2階へ強制連行。 

上がりきったそこには、寝間着着たまま首吊ってる女が。

110: 本当にあった怖い名無し 2013/10/29 03:15:22 ID:JoQHqeQc0
これ、シリコン製の超リアルなドールで、首吊り風にA太が演出したもの。 
リアルすぎて俺ものけぞってたら、I美がぎゃああああああって叫びながら階段から転げ落ちた。 
ヤバイと思って下を覗いたら、どうやら無事だったらしく、逃げ出そうとしるけど腰が抜けて動けないみたい。 

すぐに1階風呂場の電気が再点灯したのを見て、I美は泣きながら転がってる。 
風呂場から首吊り女が這いずり出てきたのを確認すると、玄関から飛び出していった。 

そのあと、風呂場から出てきたA太が、這いずらせた二体目のドールを俺の肩に載せた。 
その様子を外から見てたI美が怒鳴りこんできたが、その瞬間、俺は恐ろしい声で「出てけ!」と言って外に放り出した。 


余談だけど、I美は霊視の後に占い師から30万する念珠を買わされたらしく、ざまぁwwって思ったね。

111: 車板住人 2013/10/29 06:04:59 ID:YX36THAD0
>>110 
それだけで終わったのか、ヌルいな。 
子供の仕返しじゃねーか、来月には忘れられてるぞw 

怖がらせてやりました~もいいけど、プラス間男と相方に普通に慰謝料請求した方がダメージ大きかっただろ。 
同棲関係なら婚姻間の不貞程度の金額取れるぜ(相場100万×2) 

で、間男職場に直接訪問でもして、自分がどんな理由で来社したかも社内に周知徹底すればなおベスト。 
男には仕事で制裁受ける、これが一番キツい。 

お前の方法では女はお化けにビビっただけ、間男はウマーで終わってるねーかwwww

127: 本当にあった怖い名無し 2013/10/29 11:28:46 ID:aTz2PoVpi
>>111 
占い師も儲けてるしね

引用元: 本当にやった復讐 20