720: 愛と死の名無しさん 2013/09/07 20:18:01
新婦友人で出席した結婚式・披露宴にて 
余興は新婦友人新郎友人たちの順でやることになっていたが、どうやら余興の準備が間に合わないとかで、余興の歌を歌っていた友人がもう1曲歌うことに 
しかしいきなりのことに準備してない、とのんびりしていた私を引っ張り出した 
「一緒にアカペラでユーレイズミーアップ歌おう」 
なぜに私!?と思いつつも新婦のために歌った 
何とか成功したものの、新郎側余興はあきらめた、もう1曲歌って何とか次につないでくれ、と式場からのお達し、そして司会からは「素敵な歌声をもう少し聞かせていただきましょう!」 
との無茶ブリ 
他の人は食事しながら見ている。おいしそうな料理にお腹も鳴った 
そこでとっさにマイク片手に席まで行くと、置かれていたワイングラスを手に戻り、カルメンを歌いながら友人にグラスを手渡す 
彼女が喉を湿らせている間、歌い続け飲み干すとまた席に戻り、料理の皿を手に「恋はどんなものかしら」を歌い踊りながら友人に食べさせた 
周りは余興かと思い笑っていたが、実はかなり必氏空腹も限界だったので、ケーキ入刀でみんなが新郎新婦の周りにカメラ持って集まる中、一人パクパク食べてました 

後でなぜ私を引っ張り出したか尋ねると 
「いざとなったら笑いを取れる舞台根性持ってるでしょに」 
あんなに疲れる披露宴はなかった

スポンサードリンク

736: 愛と死の名無しさん 2013/09/08 00:10:50
>>720 
なんでコピペにタゲられたのかわかんないけど 
ふつうにGJ 
すばらしい機転でした
 
引用元: ****私は見た!!不幸な結婚式118****