557: 癒されたい名無しさん 2008/03/17 00:30:00 ID:CuP7YHE6
40台半ばの男です。 

子供の頃とても貧しかった。 
「肉を初めて食べた日を覚えている」と言えば、 
貧乏の程度がわかってくれるでしょう。 
小学校に上がる前から、親の給料日を知っていた。 
何故なら、その2,3日前から母親がおかずを作らなくなるからだ。 

父母と姉との4人暮らしだった。 
我が家では夕飯時に、ご飯のお代わりを最初にする人(ほとんど私)が、 
「お代わりする人、手をあげて」と言う決まりがあった。 
手をあげるのは、いつも姉一人であった。 

私は、お釜に残ったご飯を見つめながら、 
「半分以上取ってはいけない、絶対にいけない。」 
と、いつも注意していた。 

ある日、珍しくおかずが一杯あった晩に事件が起きた。 
私の次にお代わりした姉が、 
「***がご飯を全部取っちゃって、わたしの分が無い。」 
と、声を荒げた。 
父は私に向って、 
「バカ野郎」と言い、私を殴りつけた。 

私は決して半分以上取ってはいなかった。十分気をつけていた。 
それなのに・・・ 

すると母が、 
「おかあさんはおなか一杯だから、おかあさんの分を二人で分けなさい。」 
と、自分の茶碗のご飯を私と姉に分けてくれた。 

食後30分程経った時、台所に行くと、母がお釜にこびり着いていたご飯を 
そぎ落とし、塩をまぶして食べていた。 

私は、 
「お母さんはずるい、おなか一杯なんでしょ。」 
と言い、その残りご飯をも横取りしてしまった。 


貧乏の意味すら知らなかった頃の話です。


引用元: 【泣ける話】
スポンサードリンク